ステキLIFE
style 和紙の人形

1957年生まれ紫波町土舘在住の浦田征子さんは、 13年程前から表情のある人形を作りたいと和紙の人形作りに取り組んでいます。

白打ち掛け  白無垢に綿ぼうし姿のお嫁さんは、障子紙で作られています。たくさんの方から嫁いだ娘の代わりにとご注文を頂くそうです。先日も北海道に娘を嫁がせたという方からご注文を頂きました。浦田さんは、娘を嫁に出すような気持ちでお人形を送り出すのでしょうね。だからこそ温かい優しい人形になるのかもしれませんね。 赤打ち掛け

これが本当に紙で作られた人形なのかと思ってしまうほど、 着物の流れやしわの寄り具合、手の動きなど細かい所に気を配った素晴らしい作品でした。

花魁

雛人形
 ちょうど完成したばかりのお雛様がありました。それは、浦田さんの人形を気に入ったお客様が遠く平泉から注文してくださったものでした。「すべてリサイクル品で作ったものですよ。」と浦田さん・・・リサイクルとは思えない豪華さにビックリしました。普段、私たちが捨ててしまうような身近な物、 たとえばお菓子の空き箱や包装紙、和菓子のひも、割り箸などで作られているのには驚きました。お金を掛けずにここまで立派な物を作れるなんてリサイクルの達人といえます。

雛人形
 親戚の方全員にプレゼントしたので、今は産直に出品したくさんの方に買って頂いているそうです。しかし、このお人形は冬期限定です。農繁期の合間に作るので、春から秋まではちょっとお休みです。夢は、歌舞伎の人形を作ってみたいと目をキラキラと輝かせてました。新しい作品を楽しみにしてます。




Copyright (C) 2002 Vivid LIFE All Rights Reserved.
Produced by @FACTORY.